BNE2(使い方・本体ダウンロード)

BNE2とは

固定長データをテーブル表示するソフトです。
設定に従ってバイナリデータをリスト表示できるので、主にゲームのバイナリ改造を行う際に利用されています。

私が作成したプログラムではなく、「永久UnderConstruction」様で公開されていたのですが、
サイトが消滅してしまっています。
再配布は自由とのことだったので、自分用も兼ねてここで再配布を行うことにしました。

素晴らしいツールの公開に感謝申し上げます。

動作可能OS

Readmeには「Windows XP(他は未確認)」と書いてありますが、
XP以降のOSであれば、動作は確認できております。

ただしWindows7くらいからBNE2に貼り付けを行うとデータがおかしくなることがあった気がするので、
極力貼り付けは避けたほうがいいかもしれません。
より詳細をご存じの方は、教えてもらえると助かります。

動作に必要なファイル

BNE2の動作にはランタイムライブラリ(DLLファイル)が必要です。
PC環境によってはすでにインストールされている場合もあります。

起動してみてエラーが発生するようであれば、
下記URLからランタイムのインストールプログラムをダウンロードして、インストールを行いましょう。

XTRM Runtime (Vectorからのダウンロード)

ダウンロード

BNE2ダウンロード

参考サイト

まずは設定ファイルをダウンロードするか、自前で用意することになると思います。
カンマ区切りでデータの表示させ方を設定するのですが、下記のような並びになっています。
まずは下記を覚えておくといいでしょう。

データアドレス(h),セクション名[,データ長,ステップ(h),データ数,表示,最大・最小値(h),セル幅,解説テキスト,IDリスト]

詳細な使い方に関して役に立つサイトは下記です。設定ファイルもあるので見て慣れるのがいいかなと思います。


inserted by FC2 system